沖縄観光を最大限楽しむ情報サイト!沖縄観光・リゾート情報満載!

- 沖縄の中心地である那覇の魅力

新着情報

▶2014/06/13
沖縄の中心地である那覇の魅力の情報を更新しました。
▶2014/06/11
沖縄の豊な自然 慶良間諸島の情報を更新しました。
▶2014/06/11
首里城と染織の情報を更新しました。
▶2014/06/11
那覇の国際通りの情報を更新しました。
▶2014/06/11
沖縄の旧戦争司令部と漁業の町の情報を更新しました。

沖縄の中心地である那覇の魅力

沖縄の魅力は、美しい自然と伝統ある文化です。
その中でも沖縄の政治・経済・交通の中心地である那覇は、観光地として是非行ってほしい場所です。
県都那覇は、陸海空の交通の要所でもあるので、沖縄のたびで一度は寄るところになるはずです。
歴史的に那覇は、琉球王朝の時代に都・首里の外港として栄え、19世紀にはペリーも来航している港町なんです。
今でも諸外国との交流を示す史跡が海沿に残っています。
現代の那覇の活気を感じるのは、交際通りや庶民の台所マチグヮー(牧志公設市場)があります。
この中の壷屋は焼き物ファンにとって筆硯のポイントになるでしょう。
那覇の主な回り方として、国際通りの西端にある久茂地の交差点を中心に、半径およそ一キロメートルの圏内に観光地がたくさんあります。
たっぷり時間をかけて、回ったほうがいいでしょう。
季節にもよりますが、沖縄は暑い日が多く、日射病の危険もあります。
ですが、炎天下ではバスやタクシーの利用をすれば防ぐことができるでしょう。
しないバスは本数が多いのでバス一日フリー券で観光するのがおすすめです。
バス以外にもタクシーも非常に多いです。
いずれの場合も国際通りの慢性的な渋滞には注意しましょう。
沖縄観光の魅力は国際通りだけではありません。
観光地を語るのなら、首里の存在も必要になるでしょう。
琉球王国の都として500年にわたって栄えた古都で、現在は沖縄を代表する観光地になっています。
首里城を中心に築かれた城下町は、那覇市街から1.5キロ東の丘陵地に広がっています。
沖縄戦により多くの文化財は失われましたが、首里城では復旧が進み、その緑豊かで壮大なお城は世界文化遺産候補にも挙げられています。
琉球の文化の発信地でもある首里城は、沖縄観光に行ってみるのなら、外せない観光地でしょう。
首里の回り方として、首里杜館を基点に回ってみるのがいいでしょう。
見所としては、首里城の半径500メートル以内に集まっているので、ぜひ歩いて古都の風景を味わって欲しいです。
ただし、坂が多いので、日差しの強い火などは部分的にタクシーの併用を考えておきましょう。
そのほうが、首里城の探索もスムーズにいくはずです。
タクシーは頻繁に走っています。
じっくり時間をかけて散策したい街だけに、少なくとも一日かけて回っておきましょう。
そんな首里の見ておきたいポイントは、首里城や王陵、金城町の石畳道です。
あとで、それぞれのポイントを紹介しますが、世界文化遺産酵素の首里城は古都の魅力に溢れているので、行ってみれば気に入るはずです。
沖縄旅行をするなら沖楽は、海などの自然や文化遺産だけではありません。
太平洋戦争の惨状を伝える場所でもあるのです。
戦争の歴史がある沖縄に旅行できたのですから、南部戦場跡地も行ってみましょう。
戦争の悲惨さが分かるはずです。
沖縄は太平洋戦争で国内裕いつの地上戦の舞台となり、一般市民を含む24万人以上の犠牲者を出しました。
沖縄本島最南部はその沖縄戦最大の激戦区となったのです。
『鉄の暴風』と言われたアメリカ軍の総攻撃は、自然の地形をも変える力を持っていて、逃げ場を失い身を投げて自決する人も多くいました。
今でもこのエリアには、慰霊塔や戦争跡が無数に存在しています。
同時に平和への祈りの拠点にもなっています。
那覇と南部戦場跡地エリアの中間にある豊見城や糸満が戦争の歴史を知るという点で、南部戦場跡地と並んで素晴らしいでしょう。
豊見城は那覇の南に隣接している町です。
那覇の町を望む豊見城城址公演や沖縄戦争当時の状況を保っている旧海軍司令部壕があるのが、見所です。
糸満は漁業が盛んな町で、戦前は遠い南洋へ集団へ漁に出て、サバニというくり船を使った潜水追い込み網漁を行っていました。
今でも市外は糸満漁港や漁協、魚市場を中心に漁師の町といったイメージがあります。
そんな豊見城や糸満の回りかたとして、話から南部戦場跡地エリアの間の道沿い卯に見所があります。
豊見城城址公演と九回分司令部壕の相互間、および糸満漁港周辺の見所は歩ける距離ですが、そのちはバスかタクシー、レンタカーを利用しましょう。
沖縄は自然豊かな場所としても有名です。
王泉洞王国ムラは沖縄を代表する観光ポイントの一つです。
鍾乳洞や王泉如洞をはじめ、熱帯果樹園、南部酒造所、伝統芸能広場や築100年以上の古い民家を移築した工芸村もあります。
最大のポイントはなんといっても鍾乳洞です。
沖縄独特のサンゴ礁から生まれた鍾乳洞では長さあh5キロメートルにも及び、現在では876メートルが一般に公開されています。
東洋随一と言われる鍾乳洞に、工芸村やハブ公園を併設した一大テーマーパークになっています。
歴史的には、このエリアは琉球発祥時にまつわる伝説の地をされています。
久高島のような重要な聖地・霊場が多いのはそのためです。
このように沖縄には、観光地以外にも歴史や文化・工芸品などいろいろなものがあります。
そのなかでも、今回は那覇のテーマを絞って、沖縄の魅力をお伝えします。